--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/04/08 (Sat) 10:49
人間失格

本当に久しぶりに、太宰の『人間失格』を
読み返してみました。
泣けました。マジで泣けました。

精神病院(特に閉鎖病棟)に入れられた時の
あの屈辱感というのは、
入れられたことのない人には、
おそらく、想像することすら出来ないでしょう。
自分が初めて入所した病院では、
窓という窓にはすべて鉄格子がはめられており、
出入り口の扉はこれまた分厚い鉄製&鍵付き(とーぜんか)
所持品もひも類、刃物類は一切不可。
トレーナーのズボンのひもまで取り上げられたのには、
正直、「そこまでやるか!?」と、かなり驚きました。
そんな環境に1年半近く監禁されました。
まぁ、「自殺未遂」をやらかしたのですから、
そのくらい、自業自得かも知れませんが。
「保護」って、本当に恐ろしい言葉ですね。
それでは、皆さんも、心の健康にも気を払って、
私のような、イヤな思いをしないようにして下さい。

乱文失礼。
スポンサーサイト

<< 生き甲斐 | ホーム | Fedora Core5、マンセー! >>

コメント

もんむさん、今日(4月8日)のメール、送られていますか?
送信済みメールに件名しか、でてこないんですよね~。
もしかしたら、送られて(内容の文章が)いないかもしれません。
ちょっと、確認してみていただけませんか?
もし、内容の文章が送られていなかったら、申し訳ございません。今日の件名はちなみに、「疲れの回復」です。
わたしも、閉鎖病棟に1年3ヶ月半いました。
もんむさんが、ブログに書いたとおりの環境でした。おまけに、女子だけだったので、生活もひどかったです。。。
では、もんむさん、すみませんが、メールの確認(届いているかどうか)よろしくお願いいたします。。。もし、内容が、送られていなかったら、なにかのミスだと思うので、申し訳ございません。

メールの件

メール、こちらに届いていましたが、
やはり、中身は空っぽでした。
一体、何がどうなったのでしょうねぇ~。
また、問題が起こるようでしたら、
お知らせ下さい。
こちらでも調べてみます。
それでは、また。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。